( 募金活動のご報告)

募金活動のご報告
 
 平成21年7月より開始しました、「星薬科大学創立100周年記念事業募金」は、平成23年6月末をもちまして、募金活動を終了いたしました。
 今回の募金は、経済状況の厳しいなか、多くの企業、本学卒業生、在学生、個人の皆さま方からご寄付を賜り厚く御礼申し上げます。
 頂戴いたしましたご寄付は、募金事業に掲げました以下の3つの事業の一部として有効に活用させていただきましたことをご報告申し上げます。
 皆さま方におかれましては、今後とも本学の運営にご支援とご協力いただけますようお願い申し上げます。

      
    (星薬科大学創立100周年記念事業募金委員会)


星薬科大学創立100周年記念事業募金報告
(単位:千円
募  金  収  入 募 金 事 業 支 出
区  分 件 数 金 額 区  分 金 額
 企業・団体 144 24,717  百年記念館建設 20,000
 卒業生(同窓会含む) 592 19,181  歴史資料館の整備 25,000
 在校生(揺籃会) 1 10,000  星薬科大学奨学金への繰入 21,298
 教職員 185 11,160
 その他(在学生ご父母含む) 7 1,240  
合  計 929 66,298 合  計 66,298

奨学寄付金のご寄付について

 本学では、教育・研究の充実、発展に関わる活動に対する支援を目的とした「奨学寄付金」を継続してお受け申し上げております。
 個人(卒業生、在学生のご父母、教職員、一般有志)・法人・団体の皆様の格別なご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。
寄付金の申し込みと問合せ先
  星薬科大学総務部 TEL 03-3786-1011(代表)

寄付金の減免措置(寄付金控除)について

(個人の場合)
 ご寄付いただいた寄付金は、「特定公益増進法人に対する寄付金」として次の算式で計算した金額が「寄付金控除」として、所得から控除されます。

寄付金控除額=
(年間所得金額の40%又は寄付金の額のいずれか少ない金額)−2000

 確定申告の手続きには、本学発行の『特定公益増進法人証明書()』及び金融機関から発行される『振替払込請求書兼受領証(払込金(兼手数料)受領書)』が必要です。
 なお、特定公益増進法人であることの証明書は、入金が確認され次第本学から送付致します。

(法人の場合)
 法人からの寄付につきましては、寄付金を支出した事業年度の損金に算入されます。損金算入にあたっては、「受配者指定寄付金」と「特定公益増進法人に対する寄付金」の2種類の優遇措置があります。いずれかをご選択ください。

(1)
受配者指定寄付金
 受配者指定寄付金は、日本私立学校振興・共済事業団(以下「事業団」という。)を通じて寄付者が指定した学校法人に寄付していただく制度で、寄付金全額が当該事業年度の損金に算入できます。
 損金算入の手続きには、事業団発行の『受領書』が必要です。この『受領書』は、本学を経由してお送りいたします。
 なお、受配者指定寄付金でご寄付いただく場合は、別に「寄付金申込書(受配者指定寄付金)」が必要となりますので、あらかじめ本学に問合せのうえご提出願います

*
受配者指定寄付金の場合は、本学にご入金いただいた後、事業団へ送金することになりますので、事業団の口座に寄付金が入金されてから、事業団による受領書の発行に通常23週間かかりますのでお含みおき願います。

(2) 特定公益増進法人に対する寄付金
 特定公益増進法人に対する寄付金は、一般寄付金の損金算入限度額と別枠で、損金算入することができます。
 損金算入の手続きには、本学発行の『領収証』と『特定公益増進法人証明書()』が必要です。必要書類は、本学に寄付金の入金が確認された後に一括してお送りいたします。

(現物による寄付)
 学校法人に現物寄付をされた場合は、所定の手続により「みなし譲渡所得」は非課税になります。

(遺贈)
 学校法人に遺贈をされた場合は、所定の手続により「相続税」は非課税になります。