星薬科大学トップページ  >  受賞情報 >  有馬崇充さん(薬理学教室6年生)が第 89 回日本薬理学会年会にて学生優秀発表賞を受賞しました

受賞情報

有馬崇充さん(薬理学教室6年生)が第 89 回日本薬理学会年会にて学生優秀発表賞を受賞しました

2016/05/12

第 89 回日本薬理学会年会 学生優秀発表賞を受賞して

薬理学教室  薬学部 6 年 有馬 崇充

 第 89 回日本薬理学会年会 (2016 年 3 月 9~11 日) にて、学生優秀発表賞を受賞致しました。受賞の発表タイトルは「数種 μ-オピオイド受容体作動薬の細胞内陥入を指標とした分子薬理学的プロファイリング」です。このような栄誉ある賞を頂けて非常に光栄です。以下に研究の概要を紹介させていただきます。

 μ オピオイド受容体作動薬は、共通の μ オピオイド受容体を介して生理応答を示すものの、鎮痛作用の強弱や副作用の発現において個々の作動薬間に多様な違いが存在します。さらに、μ オピオイド受容体のような G タンパク質共役型受容体に対する各リガンドの分子薬理学的評価において、「同じ受容体作動薬に分類されても、個々のリガンドによってそれぞれ異なる細胞内シグナル伝達経路を活性化する」という ″ Ligand-biased efficacy ″ 説という新しい理論の理解が重要であると認識されてきております。そこで本研究では、μ オピオイド受容体作動薬の個々の特性を分子薬理学的に理解する目的で、G タンパク質依存的経路あるいは G タンパク質非依存的経路に着目して、それぞれのリガンドの評価を行いました。その結果、モルヒネ、オキシコドン、フェンタニルおよびメサドンなどの μ オピオイド受容体作動薬は、それぞれ固有のシグナル応答を示すことが明らかとなりました。さらに、μ オピオイド受容体の G タンパク質バイアスドリガンドである TRV130 および既存の μ オピオイド受容体作動薬であるフェンタニルを併用することによる下流シグナルへの影響について検討を行ったところ、フェンタニルにより誘発される G タンパク質非依存的経路の活性の抑制が認められました。今後も、こうした研究をさらに発展させることで、オピオイドローテーションなどにおいて異なる種類のオピオイドを併用する際に重要な情報を提供することが可能であると考えられます。

 最後に本研究の遂行にあたり、多大なるご指導を賜りました薬理学教室の成田年教授をはじめ、薬理学教室の先生方に厚く御礼を申し上げます。

星薬科大学イノベーションセンター薬剤師生涯学習支援室
国際交流・産学官連携国際交流・産学官連携
大学案内
デジタルパンフレット 星薬ガイド
デジタルパンフレット 薬学科
デジタルパンフレット 創薬化学科
公開講座
学会情報
情報開示
大学ポートレート
星薬科大学ビジョン2025-2035
データで見る星薬科大学
私立大学戦略的研究基盤形成支援事業
大学における医療人養成の在り方に関する調査研究委託事業
学術情報リポジトリ 「Stella」