星薬科大学トップページ  >  教育と研究  >  国際交流/産学官連携  >  海外アドバンス実務実習(カナダ)

海外アドバンス
実務実習(カナダ)
国際交流  カナダ

海外アドバンス実務実習(カナダ)

まるまる1ヶ月、バンクーバーの薬局で実務を経験まるまる1ヶ月、バンクーバーの薬局で実務を経験

医療のグローバル化が進む今、
ボーダレスな視野をもった薬剤師の必要性が
ますます高まっています。
そこで本学では、学生が持つ海外への好奇心を
グローバルな薬学人育成へとつなげるために、
薬学科5・6年次「アドバンスト・コース」の
ひとつとして「海外薬局研修」をスタート。
提携するカナダ・バンクーバーの薬局で
薬剤師として活躍する本学OGの指導のもと、
単なる見学ではなく“実務実習”として
約1ヵ月間カナダの医療現場を
体験するスペシャルなカリキュラムです。

「海外薬局研修」の目的

海外の異なる医療制度のもとで薬剤師業務に直に触れながら、今後の変革が予測される未来の薬剤師像を先取り。将来、薬剤師としてどのようにステップアップしていくべきかを知る機会に。

薬剤師が多様な医療業務を担う
カナダならではの実習プログラム

  • 薬剤師による予防接種などの皮下・筋肉注射や血液透析の実習
  • 長期間服用薬を一つの処方箋を複数回利用して購入できる「リフィル制度」の学習
  • 調剤やカウンセリングなど、現地の薬局での薬剤師業務への参加  など

現地の一般家庭にホームステイしながら、
異文化への理解を深める

現地の一般家庭にホームステイしながら、異文化への理解を深める 現地の一般家庭にホームステイしながら、異文化への理解を深める 現地の一般家庭にホームステイしながら、異文化への理解を深める 現地の一般家庭にホームステイしながら、異文化への理解を深める
薬剤師にできることの多さと、責任の大きさを実感
“海外研修” に参加したきっかけは?

昔から英語が好きで、これまでも個人で短期留学に参加することはありましたが、語学研修でしたので、薬学部に通っている自分の専門分野にどう繋げたらよいか分からずにいました。そんな時に、“海外研修”に参加した先輩のプレゼンテーションを聞いて、「私の求めていたものは、これだ」と参加を決めました。

1か月間、カナダの薬剤師業務を“体験” した感想は?

日本とカナダでは薬剤師制度が違うことは知っていましたが、想像以上でした。カナダでは、“子どものなりたい職業” のBEST3 にあがるぐらい薬剤師は信頼されています。軽度な疾患の場合、医師よりも薬剤師に相談するのが当たり前という環境なのです。“処方箋なしに患者様に来ていただける薬局” を目指している状況を日本での薬局実習で目の当たりにしてきたので、薬剤師制度の未来を先取りしている感じがしましたね。

カナダの薬剤師業務を“体験”カナダの薬剤師業務を“体験”
日本とカナダでは、薬剤師の業務自体が違うのですか?

●慢性の病気に対する処方箋を書ける
●緊急性が高い場合には、医療用麻薬についても薬剤師の名前で処方箋を書くことがある
●海外旅行前のワクチンなど、予防接種も実施できる
など、薬剤師に許可されている職務は多いです。また病院内でも医師が中心ではなく、まさに“チーム医療” として薬剤師や看護師などのスタッフ全員が、専門性を発揮するというスタンス。薬剤師も、医療に対する自分の意見をしっかりと発信するのが当たり前なんです。その分、責任も大きいだろうなと感じました。

現地ではどんなことを学習しましたか?

月曜から土曜まで薬局に通い、調剤から患者様との面談までの薬剤師業務を体験しました。さらに、カナダの先生から課題がでるのですが、それが厳しかったです。「ある患者さんはA という薬とB という薬を飲んでいます。その上で、現在、こういった症状を訴えています。あなたは薬剤師としてどうしますか?」 といったケーススタディー問題が25 題ぐらい。
当初、「薬の良し悪し」ばかり考えていたのですが、先生に甘さを指摘されました。「ドクターにどの薬を申請するべきかではなく、目の前の患者様にとって一番大切なことは何かを考えること。もしかしたら、薬剤師として解決できることがあるかもしれない」と。特に、カナダの薬剤師は職務が多彩な分、日本よりも多くの選択肢の中から短時間で最適な決断をする必要があります。考えを深堀していく厳しさがありましたが、実習の中でヒントを得ながら、なんとか乗り越えました。このケーススタディーの課題があったからこそ、多くの気づきが得られ、患者様や薬について深く考え、理解するという姿勢の大切さを学べたと実感しています。ただ“見学” しただけではわからないことですね。

コミュニケーションの面での心配は?

ある程度の英語力があれば、先生がサポートをしてくださるので心配はいりません。
現地の大学の講義をうけるプログラムもあったのですが、講義後には日本語でその内容を振り返りながら、理解できたかの確認をしてくださったりと、手厚くサポートしていただきました。

将来ビジョン
今回の体験では、将来ビジョンは変わりましたか?

もちろん海外で働きたいという気持ちは高まりましたが、まずは日本で薬剤師としてのスキルを磨きたいと思います。カナダの先生はつねに、「患者さんのバックグラウンドだとか、なんでこの薬が処方されているのかとか、シンプルな処方箋でも処方解析をしてください」とおっしゃっていました。そうした薬剤師としてのアプローチを実践できれば、患者様に信頼される薬剤師になれると思うのです。
“海外研修” で薬剤師の将来像を先取りした経験は将来を決める上でも、大きな財産になりました。自分の未来に、この経験をつなげたいと思います。

Message 
~カナダでの薬局実習に参加する学生に向けて~

カナダ教育研究センターセンター長 椿井 真貴 先生

カナダ教育研究センターセンター長
椿井 真貴 先生

カナダの薬剤師は、日本の薬剤師と比べると、職能が広く、例えば「処方権」があったり、「予防接種」を実施したりします。そのため、職能の広さや権利を利用した患者さんへの対応については、選択肢を多く持つことになるので、責任も大きくなります。
学生には、こういった違いを知るというのはもちろん、実際の現場に立つという機会を活かし、患者さまや薬に対して、とことん掘り下げて考えることの大切さを学んでほしいですね。そして、患者さんを目の前にしたときに、その方にとっての真のベストな選択を考えられる薬剤師となってほしいと思っています。

星薬科大学イノベーションセンター薬剤師生涯学習支援室
国際交流・産学官連携国際交流・産学官連携
大学案内
デジタルパンフレット 星薬ガイド
デジタルパンフレット 薬学科
デジタルパンフレット 創薬化学科
公開講座
学会情報
情報開示
大学ポートレート
星薬科大学ビジョン2025-2035
データで見る星薬科大学
私立大学戦略的研究基盤形成支援事業
大学における医療人養成の在り方に関する調査研究委託事業
学術情報リポジトリ 「Stella」