星薬科大学トップページ  >  教育と研究  >  教室・研究室案内  >  医療薬剤学教室

医療薬剤学教室(教室・研究室案内)

スタッフ

教授
大西  啓
准教授
服部 喜之
講師
池内 由里
助教
川野 久美

教室ホームページ

http://polaris.hoshi.ac.jp/kyoshitsu/iryouyakuzai/DDR(J)%20top-page.htm

製剤、DDS技術を駆使し、医療ニーズに答えられる医薬品の創出を目指す。

 多くの医薬品、医療機器の開発によって医療は飛躍的発展を遂げてきましたが、多くの課題が残されているのが現状です。治療によって完全に治る場合もあれば、病気の進行を遅らせるのみ、障害が残るなどの場合があり、QOL(生活の質)の改善が重要な課題となっています。

 未解決の難治性疾患や慢性疾患は数多くあり、現在も様々な研究がおこなわれています。多くの新薬が開発されていますが、やはり、リスクとベネフィットがあり、いかにリスクを抑え、ベネフィットを生かしていくかが大切です。副作用が少なくて効果が十分得られる医薬品が望まれます。医療薬剤学教室では、薬物の持つデメリットを抑え、メリットを最大限に引き出せるような製剤、DDSの設計、開発に取り組んでいます。

 薬物は、疾患標的部位に必要量を必要な時間送達することで奏功します。薬物の体内での状態や動きを適切にコントロールできれば、メリットを最大限に引出し、同時にデメリットを抑えることができます。たとえば、薬物自身の動きを変えるような添加物を加える、または薬物を安全な担体に封入することで、疾患部位への移行性を高めることができます。とくに、副作用が高く、消失が速い薬物には適していますが、医療薬剤学教室では、がんや難治性炎症の治療に向けて、そのような製剤、DDS研究を行っています。

 また、多くの薬物は飲み薬ですが、吸収が悪かったり、飲みづらかったり、飲み忘れしたりとかの問題があります。新たな投与経路による改善、添加物による性状のコントロールなどが可能です。医療薬剤学教室では、そのような問題点のある、従来型薬物からバイオ医薬品まで広く焦点をあて、製剤技術、DDS開発によって改善に取り組んでいます。

教室・研究室一覧へ
星薬科大学イノベーションセンター薬剤師生涯学習支援室
国際交流・産学官連携国際交流・産学官連携
大学案内
デジタルパンフレット 星薬ガイド
デジタルパンフレット 薬学科
デジタルパンフレット 創薬化学科
公開講座
学会情報
情報開示
大学ポートレート
星薬科大学ビジョン2025-2035
データで見る星薬科大学
私立大学戦略的研究基盤形成支援事業
大学における医療人養成の在り方に関する調査研究委託事業
学術情報リポジトリ 「Stella」