星薬科大学トップページ  >  教育と研究  >  教室・研究室案内  >  薬学教育研究センター 実務教育研究部門

薬学教育研究センター
 実務教育研究部門(教室・研究室案内)

スタッフ

准教授
町田 昌明
講 師
白水 俊介
講 師
石塚 和美
講 師
湧井 宣行
講 師
山村 美保
講 師
鳥越 一宏

部門ホームページ

 只今準備中

医療現場の臨場感を体験しながら、実践的な知識・技能を学ぶ

 21世紀の医学・医療は「必要な患者に必要な量の薬剤を投与する」という、オーダーメイド医療の時代と言われています。病院においては、医療チーム(医師、薬剤師、看護師、検査技師、栄養士等)の中で「薬の専門家」として高度な臨床的知識を有し、医療事故を防止するリスクマネジャーとしての薬剤師の養成が求められています。

 一方、開局薬局においては、国民の健康管理のために地域医療を担う「かかりつけ薬局」としての責務が求められてきました。すなわち、処方せん調剤だけでなく、高齢化社会での在宅医療ケアプラン作成への参加、一般用医薬品、健康食品および栄養素補給のためのサプリメント等の販売においても、患者の状況に応じた指導や適切なアドバイスが望まれ、優れたコミュニケーション能力を持った薬剤師の育成が急務とされています。

 このような国民のニーズを反映して、6年制薬学教育が平成18年4月から開始されました。6年制薬学教育においては、従来の教育に加えて、4年次に実務実習事前学習を行い、CBT(computer based testing) とOSCE (objective structured clinical examination 実地試験)と呼ばれる共用試験に合格後、5年次に病院および薬局で各々2.5ヵ月間の長期実務実習が行われます。

 当部門は、平成17年4月に創設され、ヒューマニズム教育、実務実習事前学習、OSCEおよび長期実務実習を主に担当し、「薬剤師である前に一人の常識ある社会人であること」及び「薬学の知識だけでなく、幅広い知識を修得したバランスの取れた薬剤師の養成」を目標に、現在は、1年次の「ヒューマニズム薬学入門」及び「医療の担い手としてのこころ構え」、2年次の「信頼関係」の科目と、3年次の調剤学実習を医療薬剤学教室および薬動学教室と共同で担当しています。 

教室・研究室一覧へ
星薬科大学イノベーションセンター薬剤師生涯学習支援室
国際交流・産学官連携国際交流・産学官連携
星薬祭
大学案内
デジタルパンフレット 星薬ガイド
デジタルパンフレット 薬学科
デジタルパンフレット 創薬化学科
公開講座
学会情報
情報開示
大学ポートレート
星薬科大学ビジョン2025-2035
データで見る星薬科大学
私立大学戦略的研究基盤形成支援事業
大学における医療人養成の在り方に関する調査研究委託事業
学術情報リポジトリ 「Stella」