星薬科大学トップページ  >  教育と研究  >  教室・研究室案内  >  薬品分析化学教室

薬品分析化学教室(教室・研究室案内)

スタッフ

教授
斉藤 貢一
講師
伊藤 里恵

教室ホームページ

http://polaris.hoshi.ac.jp/kyoshitsu/bunseki/index.html

 薬品分析化学教室では,微量で活性を発現する物質や鏡像異性体の関係にあるキラル物質の測定などを研究テーマとした,新たな分析法の開発に挑戦しています。

 主な分析手法には,ガスクロマトグラフィーや液体クロマトグラフィー,質量分析法などの機器分析法に加えて,抗原-抗体反応を利用したイムノアッセイなどを用いています。いずれも“社会に役立つ実践的な分析化学”を目標としています。例えば,脱法ハーブや麻薬,覚せい剤など,いわゆる薬物乱用が問題とされる法科学や,マイコトシキン(カビ毒)汚染が懸念される食品化学などの分野において,新たな分析法開発に精力的に取り組んでいます。

 また,生体試料,食品試料分析に共通な問題点である試料の前処理法について,当研究室で開発した“固相分散抽出法”をはじめ,様々な効果的前処理法を検討しています。

 更に,検出系においては,固相を反応媒体としたオンカラム蛍光誘導体化法や揮発性物質への誘導体化法などを検討しています。これらの研究は「レギュラトリーサイエンス」に対して貢献が期待されています。

教室・研究室一覧へ
星薬科大学イノベーションセンター薬剤師生涯学習支援室
国際交流・産学官連携国際交流・産学官連携
大学案内
デジタルパンフレット 星薬ガイド
デジタルパンフレット 薬学科
デジタルパンフレット 創薬化学科
公開講座
学会情報
情報開示
大学ポートレート
星薬科大学ビジョン2025-2035
データで見る星薬科大学
私立大学戦略的研究基盤形成支援事業
大学における医療人養成の在り方に関する調査研究委託事業
学術情報リポジトリ 「Stella」