星薬科大学トップページ  >  教育と研究  >  教室・研究室案内  >  生体分子有機化学研究室

生体分子有機化学研究室(教室・研究室案内)

スタッフ

教授
津吹 政可
講師
高橋 万紀
助教
横江 弘雅

研究室ホームページ

http://polaris.hoshi.ac.jp/kyoshitsu/seitaiyuki/

『有機低分子を用いて生体の機能を解明することで創薬をめざす』

 近年、化学と生命科学の融合によるポストゲノム時代の新しい研究領域としてケミカル・バイオロジーが脚光を浴びています。これは有機化学的手法と分子生物学的手法を組み合わせて、生命現象を分子レベルで理解しようとするものであります。たとえば、生理活性物質を生体分子のプローブ(標識化合物)として利用することで、その物質が特異的に相互作用する生体高分子が明らかとなります。ある低分子化合物をプローブとして用い、特定の酵素の働きが失われれば、このプローブは低分子の酵素阻害剤となります。私たちの研究室では、生理活性物質を効率的に合成し、さらに独自の誘導体も調製することで、革新性の高い医薬リード・プローブ化合物の探索に必要な化合物ライブラリの構築を進めています。有機低分子をプローブとして用いてタンパク質などの巨大分子の挙動を制御することで、生命現象を分子レベルで解き明かすことも期待されます。


当研究室では、有機合成化学を活用した以下の研究に焦点をあてています。

  1. 天然有機化合物を含む生理活性物質の効率的合成のための新規反応並びに合成手法の開発.
  2. 顕著な生理活性を有する有機低分子のデザインと合成.
    具体的には、抗ウィルス薬開発における理想的な標的分子であるC型肝炎ウィルスNS3ヘリケースの選択的阻害剤のデザインと合成は、特に注目されています。アルツハイマー病治療薬の開発を目的としてアミロイドβ凝集並びに繊維形成の阻害剤の合成研究を展開しています。
    最近、マラリアやリューシュマニア等の寄生性原虫に対する医薬品の開発にも取り組んでいます。
教室・研究室一覧へ
星薬科大学イノベーションセンター薬剤師生涯学習支援室
国際交流・産学官連携国際交流・産学官連携
星薬祭
大学案内
デジタルパンフレット 星薬ガイド
デジタルパンフレット 薬学科
デジタルパンフレット 創薬化学科
公開講座
学会情報
情報開示
大学ポートレート
星薬科大学ビジョン2025-2035
データで見る星薬科大学
私立大学戦略的研究基盤形成支援事業
大学における医療人養成の在り方に関する調査研究委託事業
学術情報リポジトリ 「Stella」