星薬科大学トップページ  >  教育と研究  >  教室・研究室案内  >  微生物学教室

微生物学教室(教室・研究室案内)

スタッフ

教授
辻  勉
准教授
築地 信
助教
奥 輝明

細菌やウイルスから体を防御する白血球の働きやその仕組みについて研究

 呼吸や食事をすることで、われわれの体は常に細菌やウイルスを取り込んでいる。それでも病気にならないのは、体に防御体制があるためだ。病原菌の感染を防ぐのはおもに免疫細胞(白血球の仲間たち)の役目。白血球は血流にのって体中をパトロールし、細菌やウイルスの侵入など異常を発見すると血管から出てきてそれらを退治する。

 「なぜ血液中の白血球が異常を感知し、どうやって血管から出てくるのか、その仕組みを研究しています」(辻教授)


細菌の侵入と白血球
(好中球やマクロファージなどの食細胞)
による防衛

 細菌が発するある種の信号のような物質を、走化性因子という。これを感知して白血球が働きを開始する。さらに白血球が血管から出てくるためには、まず血流に逆らって血管壁に密着する必要がある。その働きを助けるのが接着分子という物質で、白血球の足場の役目を担う。

 「白血球の働きの仕組みを解明することで、感染予防や、過剰な防衛反応として起こる炎症アレルギー反応をコントロールする医薬品開発につながると考えています」

教室・研究室一覧へ
星薬科大学イノベーションセンター薬剤師生涯学習支援室
国際交流・産学官連携国際交流・産学官連携
星薬祭
大学案内
デジタルパンフレット 星薬ガイド
デジタルパンフレット 薬学科
デジタルパンフレット 創薬化学科
公開講座
学会情報
情報開示
大学ポートレート
星薬科大学ビジョン2025-2035
データで見る星薬科大学
私立大学戦略的研究基盤形成支援事業
大学における医療人養成の在り方に関する調査研究委託事業
学術情報リポジトリ 「Stella」