保健管理センターからのお知らせ

Back Numberはこちら>>



感染症に注意!麻疹(はしか)などの予防接種について


  2007年度は大学生世代の麻疹の大流行がみられ、休校措置を講ずる大学もあり社会問題となりました。 今年度に入ってからも、全国的に、麻疹(はしか)、風疹(三日ばしか)、流行性耳下腺炎(おたふく風邪)、 水痘(みずぼうそう)、百日咳、インフルエンザなどの感染症が報告されています。これらの疾患は小児だけでなく、 成人の罹患も数多く報告されています。

☆ ワクチン接種を受けて下さい!

  本学では、入学時の健康診断で種々の感染症について抗体価検査を実施していますが、抗体価が陰性(マイナス)、 もしくは低値(プラスマイナス)の感染症については、予防接種を受けて下さい。
  また、予防接種後に抗体が陽性化したか否かのご報告を保健管理センターまでお願い致します。ご報告をいただきませんと、 病院実習等に必要な診断書を作成できませんので注意して下さい。
※  体質や体調などにより予防接種が受けられない方は、保健管理センターまでご連絡ください。

☆ 感染症と診断されたら?

  これらの感染症は、学校保健法により登校禁止となります。
万が一、医療機関で感染症と診断された場合は自宅等で治療を受け、回復後に( 感染症就学許可証明書 )を本学のホームページから、プリントアウトして医療機関で証明してもらい、 感染症報告書を保健管理センターにお持ち下さい。

《発熱37.5度以上と発疹またはリンパ節がはれたら》

1. 近くの医療機関に電話連絡をした上で受診
2. 感染症と診断されたら、星薬大学生部/保健管理センターに電話連絡し自宅治療
3. 回復したら感染症就学許可証を医療機関で証明してもらい登校

  《各感染症防止の予防接種について》



 
「感染症就学許可証明書」ダウンロード>> (12KB)


TOPへ戻る