星薬科大学トップページ  >  進路・就職  >  インターンシップ
星薬科大学イノベーションセンター薬剤師生涯学習支援室
国際交流・産学官連携国際交流・産学官連携
大学案内
デジタルパンフレット 星薬ガイド
デジタルパンフレット 薬学科
デジタルパンフレット 創薬化学科
公開講座
学会情報
情報開示
大学ポートレート
星薬科大学ビジョン2025-2035
データで見る星薬科大学
私立大学戦略的研究基盤形成支援事業
大学における医療人養成の在り方に関する調査研究委託事業
学術情報リポジトリ 「Stella」

インターンシップ

1. インターンシップとは?

・期間 夏期休暇期間のうち、1日~1週間
・内容 将来のキャリアに関連した就業体験です。
就職したい会社、病院、薬局等の雰囲気や社員を直接知る体験は、学生に安心感と修学意欲を与え、ミスマッチを防止する役割を果たしています。
実際に、インターンシップ先に就職した先輩もたくさんいます。
・対象 希望者

(学部1年~5年生及び大学院1年生が参加しています。1人が複数のインターンシップに参加することも可能です。)

・研修職種 MR・研究開発・CRO・SMO・病院薬剤師・医薬品卸・調剤薬局・ドラッグストア


2. 職種別インターンシップ実績(平成27年度)


MR 研究
品質
管理
CRO 病院 医薬
品卸
調剤
薬局
ドラッグストア 公務員 その他 合計
1年(薬) 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1
3年(薬) 0 0 0 2 0 3 1 0 0 6
4年(薬) 0 2 0 7 1 20 16 1 0 47
5年(薬) 10 5 5 16 3 35 14 3 3 94
修士1年 0 3 0 0 0 0 0 0 0 3
合 計 10 10 5 26 4 58 31 4 3 151

■インターンシップ先 (平成27年度実績)

製薬メーカー
あすか製薬/アストラゼネカ/クオリテックファーマ/第一三共/大日本住友製薬/トーアエイヨー/ニチバン/武州製薬/Meiji Seika ファルマ
○ 医薬品卸
東邦ホールディングス 東邦薬品/メディセオ
○ CRO
エイツーヘルスケア/リニカル
○ 病院
汐田総合病院/牛久愛和総合病院/湘南藤沢徳洲会病院/千葉西総合病院/横浜総合病院
○ ドラッグストア
イオンリテール/カメガヤ/クリエイトエス・ディー/トモズ/マツモトキヨシ/ミネ医薬品/龍生堂本店
○ 調剤薬局
アインファーマシーズ/秋本薬局/共創未来グループ/シップヘルスケアファーマシー/城南医薬保健協働/徳永薬局/日本調剤/日本メディカルシステム/ヒューメディカ/ファーコス/ヘルスアップ/薬樹/ワークイン
○ 官公庁・県庁
厚生労働省/神奈川県/静岡県
○ その他
嵯峨野


3. 参加した学生の声

▼製薬会社
自分の先輩には様々な会社のMRがいるため、それなりにMR職についての理解はありましたが、今回MR同行を行って、話で聞いているだけではわからない細部まで経験できました。
文系の学生もいたので、“文系学生からみた医薬品業界・MR職”を知ることができたのは良かったと思いました。自分がこれから進む道を決めるにあたっての貴重な経験になりました。

今の自分に足りないものやこれから伸ばしていくべきところをはっきりと実感することが出来て良かったです。他の大学の意識の高い学生と交流できたことでとても良い刺激になった。
▼ 卸
医薬品卸の薬剤師の仕事に興味を持ち参加しましたが、それだけではない社会人になる前に必要なことなどについても教えて頂けてとても大きな収穫となりました。意識の高い薬学生とも関われたことも、自分にとって良い刺激になりました。
▼ 病院
実際の処方箋や患者さんを診ることで、今まであまりよくわからなかった病院薬剤師の業務が明瞭になりました。病院薬剤師の仕事により一層興味がわいたので、来年の病院・薬局実習に向けて頑張ろうと改めて思いました。また、薬のことだけでなく、病気や検査のことについても、どの薬剤師の方も優しく丁寧に教えて下さったことに心から感謝しています。ありがとうございました。

薬剤師の方々がとても熱心に指導して下さり、受け身ではなく多くのことを考えるきっかけになった大変有意義なインターンだったと思います。病院の薬剤師がどんな知識を持って、どんなことを考えながら仕事されているのかわかり参加して良かったと思いました。
▼ 調剤薬局
普段、大学の授業だとどうしても現場の雰囲気まではわからないことがあるので、今回それを実感できてよかったです。授業で習ったことがすぐ出てこなかったり、知識がなかったりということが度々あったので、これからは前向きに取り組んでいきたいです。

処方箋に記載してある薬の商品名からその作用や患者さんの症状を読み取ることが出来ませんでした。薬の知識不足を痛感しました。実際の現場で計数調剤を経験させて頂き、正確さと素早さが必要であると改めて感じました。また、服薬指導をする上でも病態の知識が不可欠であると思いました。今回インターンシップに参加し、残りの大学生活ですべきことを改めて認識することができました。
▼ ドラッグストア
薬剤師の方や登録販売者の方から直接話を聞くことができてとても良かった。また、OTC薬販売のむずかしさ、在宅医療についてなどもきくことができ、インターンシップに参加して将来の選択肢の幅が増えたと思う。