LABORATORIES

生物制御科学

研究室紹介

 生物制御科学研究室では、「微生物を生物資源とし、医薬品・香粧品・農薬の創製および生産、 天然由来医薬品や食品等への応用および効能や副作用の機序解明」に取り組んでおります。

化学的手法による研究(細江、若菜)

 主に真菌類(かび、キノコ)対象とした研究を行っています。 具体的な研究テーマは以下の通りです。

  • 真菌類の産生する二次代謝産物の成分研究
  • 漢方薬成分が菌類の二次代謝産物産生能に与える影響に関する研究
  • 菌類を利用した微生物変換による有用物質の創製研究
  • 菌類代謝物の違いを利用した化学分類(ケモタキソノミー)の分子系統解析への応用

生物学的手法による研究(武田)

 主に細菌(バクテリア)を対象とした研究を行っています。 具体的な研究テーマは以下の通りです。

  • 薬を分解する土壌バクテリアの探索および分解に関与する酵素遺伝子の単離と発現制御解析
  • 植物と根圏バクテリアの関係性について(NGSによるアンプリコン解析や発現解析)

卒論研究で習得できること

 理系大学で身に着けるべき重要なものの一つとして“科学的な思考法”があります。当研究室では、研究を通し、解決しないといけない問題が何かを明確にし、その解決方法を科学的論拠に基づいて考えだす能力(問題解決能力)の習得を第一に考えます。また、技術的な面では、無菌操作をはじめとする微生物取扱いの知識や技術、社会的に汎用されている化学成分の分離・分析(HPLC,LC-MS)および構造解析(NMR)に関する知識・技術、遺伝子操作およびタンパク精製に関する知識・技術等を習得することができます。

進路について

 研究課題で使用する微生物の取り扱い、HPLC、LC-MS、NMRなどの分析機器に関する知識・技術、あるいは遺伝子操作および酵素に関する知識・技術等は、食品衛生・環境衛生に関わる行政機関(公務員)や企業では信頼性保証に関する業務(品質管理、製造管理等)などで役立ちます。

TOPへ戻る TOP
研究実績 研究寄付 大学院 GRADUATE SCHOOL