LABORATORIES

分子薬剤学

研究室紹介

効率的に薬物を標的部位に送達するための脂質ナノ粒子製剤の開発

効率的に薬物を標的部位に送達するための脂質ナノ粒子製剤の開発

 抗がん薬に耐性となったがん(難治性のがん)に対する新たな治療方法として、遺伝子治療薬や核酸医薬などの新しいバイオ医薬品の開発が進められています。しかしながら、核酸は生体内で容易に分解されることや、水溶性の高分子のため細胞膜を透過できないことから、遺伝子治療薬や核酸医薬をがん細胞内へ送達するためにはドラッグデリバリーシステム(DDS)の技術が必要不可欠です。当研究室では、メッセンジャーRNA(mRNA)などの遺伝子治療薬や短鎖二本鎖RNA(siRNA)などの核酸医薬を脂質ナノ粒子化(リポソーム化)することで、これまで有効な治療方法がなかった難治性のがんに効率よく送達し、高い抗腫瘍効果を誘導できるがん治療薬の開発に取り組んでいます。また、mRNA脂質ナノ粒子によりがん抗原タンパク質を体内で発現させ、がんに対する免疫を誘導させるがんワクチンの製剤の開発も行っています。

TOP
研究実績 研究寄付 大学院 GRADUATE SCHOOL