星薬科大学トップページ  >  ニュース >  大竹史明特任准教授、相馬(海保)愛特任助教(先端生命科学研究所)の研究が英国科学誌「Nature」に掲載されました

ニュース

大竹史明特任准教授、相馬(海保)愛特任助教(先端生命科学研究所)の研究が英国科学誌「Nature」に掲載されました

2020/03/25

 先端生命科学研究所の大竹史明特任准教授、相馬(海保)愛特任助教は、公益財団法人東京都医学総合研究所 蛋白質代謝研究室の佐伯泰室長、田中啓二理事長らとの共同研究により、「ストレスとユビキチン化に依存したプロテアソームの液-液相分離」について英国科学誌「Nature」に発表しました。

 液-液相分離は様々な細胞内現象を制御することが明らかとなりつつありますが、ユビキチン・プロテアソーム経路における役割は十分にわかっていませんでした。本研究では、浸透圧ストレス存在下でプロテアソームとユビキチン化基質が液-液相分離によって集合し、タンパク質分解が制御されることが明らかになりました。

<論文名>
Stress- and ubiquitylation-dependent phase separation of the proteasome

<発表雑誌>
英国科学誌「Nature」
DOI: 10.1038/s41586-020-1982-9
URL: https://www.nature.com/articles/s41586-020-1982-9

星薬科大学イノベーションセンター薬剤師生涯学習支援室
国際交流・産学官連携国際交流・産学官連携
デジタルパンフレット 星薬ガイド
デジタルパンフレット 薬学科
デジタルパンフレット 創薬化学科
デジタルパンフレット 創薬化学科
公開講座
学会情報
情報開示
大学ポートレート
星薬科大学ビジョン2025-2035
データで見る星薬科大学
私立大学戦略的研究基盤形成支援事業
私立大学戦略的研究基盤形成支援事業
大学における医療人養成の在り方に関する調査研究委託事業
学術情報リポジトリ 「Stella」