星薬科大学トップページ  >  ニュース >  福澤薫准教授(薬品物理化学研究室)研究グループの「富岳」試行的利用課題の選定について(お知らせ)

ニュース

福澤薫准教授(薬品物理化学研究室)研究グループの「富岳」試行的利用課題の選定について(お知らせ)

2020/04/07

昨今の新型コロナウイルスの流行により、各研究機関・研究者はその対策のための緊急対応を行っています。

理化学研究所と文部科学省が連携して開発中のスーパーコンピュータ「富岳」は試行的利用が始まったばかりですが、新型コロナウイルス対策を目的とした研究開発に優先的に計算資源を供出することになりました。

薬品物理化学研究室の福澤薫准教授らの研究グループが新型コロナウイルス対策を目的とした「富岳」の試行的利用課題に選定されました。
https://www.r-ccs.riken.jp/library/topics/fugaku-coronavirus.html

課題名:新型コロナウイルス関連タンパク質に対するフラグメント分子軌道計算(課題代表者;立教大学 望月 祐志)
https://www.r-ccs.riken.jp/wp-content/uploads/2020/04/20200407mochizuki.pdf

なお、富岳の試行的運用については、本日(4月7日)14時から文部科学大臣が記者会見を行っております。

星薬科大学イノベーションセンター薬剤師生涯学習支援室
国際交流・産学官連携国際交流・産学官連携
デジタルパンフレット 星薬ガイド
先輩が星薬科大学に入学を決めた理由
公開講座
学会情報
情報開示
大学ポートレート
星薬科大学ビジョン2025-2035
データで見る星薬科大学
私立大学戦略的研究基盤形成支援事業
私立大学戦略的研究基盤形成支援事業
大学における医療人養成の在り方に関する調査研究委託事業
学術情報リポジトリ 「Stella」