星薬科大学トップページ  >  ニュース >  須藤浩准教授(植物学研究室)研究グループのプレスリリースについて

ニュース

須藤浩准教授(植物学研究室)研究グループのプレスリリースについて

2020/04/24

 本学薬用植物園(薬草園)では、保有する「多種多様な生きた植物資源」の有効活用のために、学内外の基礎研究から企業の事業開発まで幅広い支援活動ならびに共同研究開発を行っています。この度、その成果として理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター統合メタボロミクス研究グループの中林亮研究員を中心とした本学植物学研究室の須藤准教授との共同研究チームからプレス発表がありましたのでお知らせします。

 共同研究チームでは、安定同位体標識とLC-MS/MSによる質量分析とを組み合わせた新しいメタボローム解析手法を開発中です。本研究では、ビンクリスチン等の抗癌成分を含むことで知られるニチニチソウを材料に、これまでデータベースに登録されていない多くの成分を特定し、この解析手法が新規アルカロイドの探索のツールとして期待されることを示しました。さらに、イメージング質量分析により植物体中の生合成部位や蓄積部位を特定し、アルカロイドの生産に関与する遺伝子の効率的な絞り込みにも期待が持たれます。

https://www.riken.jp/press/2020/20200423_4/index.html

星薬科大学イノベーションセンター薬剤師生涯学習支援室
国際交流・産学官連携国際交流・産学官連携
デジタルパンフレット 星薬ガイド
先輩が星薬科大学に入学を決めた理由
公開講座
学会情報
情報開示
大学ポートレート
星薬科大学ビジョン2025-2035
データで見る星薬科大学
私立大学戦略的研究基盤形成支援事業
私立大学戦略的研究基盤形成支援事業
大学における医療人養成の在り方に関する調査研究委託事業
学術情報リポジトリ 「Stella」