星薬科大学トップページ  >  ニュース,研究成果 >  大竹史明特任准教授(先端生命科学研究所)が「タンパク質ホメオスタシス(プロテオスタシス)」について米国科学誌「Cell」姉妹紙「Molecular Cell」に総説を発表しました

ニュース

大竹史明特任准教授(先端生命科学研究所)が「タンパク質ホメオスタシス(プロテオスタシス)」について米国科学誌「Cell」姉妹紙「Molecular Cell」に総説を発表しました

2022/05/11

先端生命科学研究所の大竹史明特任准教授は、「タンパク質ホメオスタシス(プロテオスタシス)」について米国科学誌「Cell」姉妹紙「Molecular Cell」(インパクトファクター 17.9)に総説を発表しました。

<研究の詳細>
タンパク質の恒常性(ホメオスタシス)維持は生命活動にとって必須であり、近年、プロテオスタシスと称されるようになりました。その破綻はがんや神経変性疾患など様々な疾患につながることから、メカニズム解明が脚光を浴びています。研究分野としてはプロテアソーム依存性タンパク質分解、選択的オートファジーによるミトコンドリアやオルガネラ分解、翻訳制御など多岐に渡ります。本総説では、プロテオスタシスの第一線に取り組む12名の研究者がプロテオスタシス研究の最新の話題や今後の展望について概説しました。

<論文名>
Quality Control: Maintaining molecular order and preventing cellular chaos

<発表雑誌>
米国科学誌「Molecular Cell」
DOI: 10.1016/j.molcel.2022.04.002
URL: https://doi.org/10.1016/j.molcel.2022.04.002

星薬科大学イノベーションセンター薬剤師生涯学習支援室
国際交流・産学官連携国際交流・産学官連携
デジタルパンフレット 星薬ガイド
先輩が星薬科大学に入学を決めた理由
公開講座
学会情報
情報開示
大学ポートレート
星薬科大学ビジョン2025-2035
データで見る星薬科大学
私立大学戦略的研究基盤形成支援事業
私立大学戦略的研究基盤形成支援事業
大学における医療人養成の在り方に関する調査研究委託事業
学術情報リポジトリ 「Stella」