星薬科大学トップページ  >  ニュース,研究成果 >  牛島俊和 学長 が研究チームの成果として超微量の突然変異の測定法を新規開発し、国際総合学術雑誌「Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America(PNAS)」に掲載されました

ニュース

牛島俊和 学長 が研究チームの成果として超微量の突然変異の測定法を新規開発し、国際総合学術雑誌「Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America(PNAS)」に掲載されました

2022/08/22

星薬科大学 学長 牛島俊和 先生 と 国立がん研究センター中央病院 小児腫瘍科 小川千登世 先生らの研究チームにより行われた研究の成果として、超微量の突然変異の測定法を新規開発(抗がん剤治療後の正常に見える血液細胞での突然変異の増加を確認)し、国際総合学術雑誌「Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America(PNAS)」に7月27日に掲載されました。

概要
正常に見える組織に蓄積した超低頻度の遺伝子の突然変異を正確に測定する方法を新規に開発し、小児肉腫患者の末梢血において、抗がん剤治療後に正常に見える血液細胞でも微量ながら遺伝子の突然変異が蓄積することを明らかにしました。
本研究で新規測定法が開発され、二次性白血病の発症機構と考えられる突然変異の蓄積が確認されたことにより、今後、二次性白血病が生じるリスクの予測や、抗がん剤治療後に突然変異が蓄積しにくい治療法の開発が期待されます。

プレス通知資料
超微量の突然変異の測定法を新規開発
抗がん剤治療後の正常に見える血液細胞での突然変異の増加を確認
~二次性がんが生じにくい治療法の開発や発がんリスク予測への応用を期待~

星薬科大学イノベーションセンター薬剤師生涯学習支援室
国際交流・産学官連携国際交流・産学官連携
デジタルパンフレット 星薬ガイド
先輩が星薬科大学に入学を決めた理由
公開講座
学会情報
情報開示
大学ポートレート
星薬科大学ビジョン2025-2035
データで見る星薬科大学
私立大学戦略的研究基盤形成支援事業
私立大学戦略的研究基盤形成支援事業
大学における医療人養成の在り方に関する調査研究委託事業
学術情報リポジトリ 「Stella」