星薬科大学トップページ  >  教育と研究  >  国際交流/産学官連携  >  海外アドバンスト実務実習(カナダ)

海外アドバンスト
実務実習(カナダ)
国際交流  カナダ

海外アドバンス実務実習(カナダ)

まるまる1ヵ月、バンクーバーの薬局で実務を経験まるまる1ヵ月、バンクーバーの薬局で実務を経験

医療のグローバル化が進む今、
ボーダレスな視野をもった薬剤師の必要性が
ますます高まっています。
そこで本学では、学生が持つ海外への好奇心を
グローバルな薬学人育成へとつなげるために、
薬学科5年次に「海外アドバンスト実務実習」を実施。
提携するカナダ・バンクーバーの薬局で
薬剤師として活躍する本学OGの指導のもと、
約1ヵ月間カナダの医療現場を体験する
スペシャルなカリキュラムです。

「海外アドバンスト実務実習」の目的

薬剤師が多様な医療業務を担う
カナダならではの実習プログラム

薬剤師に許可されている職務が多いカナダだからこそ体験できる、責任感や知識レベルの高さを、実際の薬局で経験します。まさに“チーム医療”の中で求められる「薬のプロとしての役割」を肌で感じることができます。

<カナダの薬剤師に許可された職務例>

  • 慢性の病気に対する処方箋を書ける
  • 緊急性が高い場合には、薬剤師の名前で少日数分の処方箋を書くことがある
  • 海外旅行前のワクチンなど、予防接種も実施できる  など

プログラムの内容

ほぼ毎日薬局に通い、薬剤師について、
現地での業務を体験

  • 薬剤師による予防接種などの皮下・筋肉注射の見学
  • 長期間服用薬などの場合、一つの処方箋を複数回利用して処方できる「リフィル制度」の学習
  • 調剤やカウンセリングなど、現地の薬局での薬剤師業務の見学  など

実習を現地で対応する椿井先生から
出題されるケーススタディー問題に挑戦

「ある患者さんはAという薬とBという薬を飲んでいます。その上で、現在、こういった症状を訴えています。あなたは薬剤師としてどうしますか?」といった、リアルなケーススタディー問題が出題されます。含まれている成分の機序や剤型、患者さんの情報なども考慮し、広い視野で考えなければ正解がでない実践的な問題です。
この課題にでてくる薬品名や症状が毎日の薬局実習での体験とリンクすることで、目の前で行われている薬剤師業務をより深く観察し、考察することができます。

現地の一般家庭にホームステイしながら、異文化への理解を深める 現地の一般家庭にホームステイしながら、異文化への理解を深める
患者さんに寄り添うサポートには高い知識と判断力が必要であると実感
「海外アドバンスト実務実習」に参加したきっかけは?

前年に「海外アドバンスト実務実習」に参加した先輩の体験談から、カナダにおける薬剤師の職能の高さを知り、興味を持ちました。また、職能の拡大が予測される日本の薬剤師の“これからの仕事”を先取りするという意味でも、実際の現場を体験したいと応募しました。カナダへ語学留学に行った経験があり、機会があれば自分の専門領域に関する英語を現地で使ってみたいという思いも強くあり参加の後押しになりました。

1ヵ月間、カナダの薬剤師業務を“体験”した感想は?

カナダでは「体調が悪くなったら、まず薬剤師に聞く」という文化が根付いていました。実際に、実習先の薬局では、毎日何名もの患者さんが薬剤師に「こういう症状なんだけど、どうしたらいい?」と相談されていました。それに対し薬剤師は、“OTCの薬品で対処する”のか、または“医師の診察を受ける”のかを的確にアドバイスするために、窓口での会話からスピーディかつ確実に患者さんの病状やバックグラウンドを捉えていました。その姿に、患者さんに寄り添い、医療の提供をサポートするためには、薬や病気に対する深い知識、そして判断力が必要であることを改めて実感しました。
また、私がカナダに訪れたタイミングで、カナダにおける娯楽用大麻が合法化されました。カナダでは、医療用大麻の普及こそしているものの薬剤師の関与は現時点ではありません。しかし、薬物中毒の治療薬を薬局で薬剤師が処方していることもあり、現地の薬剤師や学生の関心はとても高く、熱心に語る姿はとても印象的でした。同時に、カナダの薬剤師の職能の幅広さを実感することができました。

コミュニケーションの面での心配は?

現地では、多くのサポートがあります。実習中にわからない英語があれば、現地で実習を担当されている椿井先生が、実習後にフォローしてくださいます。毎日、実習内容のレポートを提出するのですが、その際に、理解できなかったことや疑問点を書くと、私が書いたレポートの倍以上のフィードバックをくださいました。
ホストファミリーのみなさんも、食事中に英語で実習についての質問をしてくれるので、それに答えることで、自然と実習内容を復習することができました。
また、実習のない日は課された課題に取り組んだり、息抜きとしてホームステイ先の周辺を散歩したり、自然豊かなカナダを旅するなど、海外でどこまで自分一人でできるかを試すことが出来、いい機会でした。
英語力に自信がなくても、行きたいという気持ちがまず大切だと思います。大学は、思いがあればバックアップしてくれます。少しでも興味があれば、ぜひこの素晴らしいプログラムにチャレンジしてほしいと思います。

今回の体験では、将来ビジョンは変わりましたか?
将来ビジョン

毎日、カナダの薬局での実務を間近で体験できたことで、将来的に海外で薬剤師として働く可能性をリアルに考えられるようになったとともに、そのためには日本で薬剤師として多くの経験をして力をつけなくてはいけないと実感できました。また、カナダの薬剤師制度の良い部分を体験したことで、逆に、在宅医療やかかりつけ薬剤師といった日本の薬剤師制度ならではの魅力も再認識できました。
将来を考える大きなきっかけになるとともに、薬剤師として多くの知識を習得する意欲も高まる素晴らしい体験でした。

Message 
~カナダでの薬局実習に参加する学生に向けて~

カナダ教育研究センターセンター長 椿井 真貴 先生

カナダ教育研究センターセンター長
椿井 真貴 先生

カナダの薬剤師は、日本の薬剤師と比べると、職能が広く、例えば「処方権」があったり、「予防接種」を実施したりします。そのため、職能の広さや権利を利用した患者さんへの対応については、選択肢を多く持つことになるので、責任も大きくなります。
学生には、こういった違いを知るというのはもちろん、実際の現場に立つという機会を活かし、患者さまや薬に対して、とことん掘り下げて考えることの大切さを学んでほしいですね。そして、患者さんを目の前にしたときに、その方にとっての真のベストな選択を考えられる薬剤師となってほしいと思っています。

星薬科大学イノベーションセンター薬剤師生涯学習支援室
国際交流・産学官連携国際交流・産学官連携
デジタルパンフレット 星薬ガイド
デジタルパンフレット 薬学科
デジタルパンフレット 創薬化学科
デジタルパンフレット 創薬化学科
公開講座
学会情報
情報開示
大学ポートレート
星薬科大学ビジョン2025-2035
データで見る星薬科大学
私立大学戦略的研究基盤形成支援事業
私立大学戦略的研究基盤形成支援事業
大学における医療人養成の在り方に関する調査研究委託事業
学術情報リポジトリ 「Stella」