認定薬剤師認証研修機関
webサイト
 

日本くすりと食品機能フォーラム


2022(令和4)年度開講講座(E-learning)
2021(令和3)年度履歴講座(E-learning)

2022年度開講講座には、2021年度から継続の講座がありますが、同じ講座を重複して単位取得はできませんのでご注意ください。
視聴は可能ですが、単位発行はシステム上不可となります。2022年度新規講座として、あと数講座追加予定です。

コース 講演タイトル 講師 単位 受講料 備考 コンテンツID番号
2021年度 2022年度
2021.9~2022.3 2022.4~2022.10 2022.11.1~
個別講座 見放題 個別講座 見放題 新システム
2021見放題コース (2021年9月30日~2022年3月31日) 自由 5,000円        
2022見放題コース 2022年4月~2023年3月31日 自由 10,000円
A ●がん免疫療法の最前線 青木 一教 国立がん研究センター研究所 1 1,000円   0048 0219 0048 0558 000001
A ●保険診療で行われる遺伝子パネル検査とデータの利活用 河野 隆志 国立がん研究センター研究所 1 1,000円   0055 0223 0055 0562 000002
A ●がん患者の痛みとこころ ●サイコオンコロジー(精神腫瘍学)における診断と治療のプロセス 松岡 弘道 国立がん研究センター 中央病院 2 2,000円   0057 0227 0057 0566 000003
A ●環境要因とがん 戸塚 ゆ加里 日本大学 薬学部 1 1,000円   0059 0231 0059 0570 000004
A ●がん患者の生活の質(QOL)に役立つ漢方薬 上園 保仁 東京慈恵会医科大学 2 2,000円   0061 0235 0061 0574 000005
A ●乳がんの診断と治療  2021 中村 清吾 昭和大学医学部 乳腺外科 2 2,000円   0063 0239 0063 0578 000006
C ●疼痛の評価と治療法の考えかた ●オピオイド鎮痛薬の有効性と限界 -非がん慢性疼痛に対する オピオイド鎮痛薬の位置づけ- 井関 雅子 順天堂大学医学部  2 2,000円   0065 0243 0065 0582 000007
C 高齢者の薬学的管理 ●フレイル・要介護高齢者の治療方針の決定 ●高齢患者の医薬品適正使用とは? 小島 太郎 東京大学大学院医学系研究科 2 2,000円   0067 0247 0067 0586 000008
C ●行動薬理学からみた薬物依存 ●最近の薬物問題を考る:ポスト危険ドラッグとしての大麻 舩田 正彦 国立精神・神経医療研究センター 2 2,000円   0069 0251 0069 0590 000009
C ●多用される胃酸分泌抑制薬の功罪●消化器のアレルギー疾患 好酸球性食道炎の診療の現状 木下 芳一 兵庫県立姫路循環器病センター  2 2,000円   0071 0255 0071 0594 000010
C ●産科における基礎知識 〜妊娠から産褥まで〜 鈴木 朋 国立成育医療研究センター 1 1,000円 ※2022年度はアップデート版として開講があり、新たに単位取得可能です。 0073 0259      
C ●妊婦・授乳婦と糖尿病 荒田 尚子 国立成育医療研究センター 1 1,000円   0075 0263 0075 0598 000011
C ●高血圧合併妊娠と薬剤 三戸 麻子 国立成育医療研究センター 1 1,000円   0077 0267 0077 0602 000012
C ●周産期メンタルヘルス 根本 清貴 筑波大学医学医療系 1 1,000円   0079 0271 0079 0606 000013
D ●コラーゲンペプチドの製品 ~エビデンスと作用メカニズム~ 小山 洋一 株式会社ニッピ バイオマトリックス研究所 1 1,000円 注1 0082 0276 0082 0611 000014
D ●機能性素材:水溶性食物繊維「難消化性デキストリン」 北川 真知子 松谷化学工業株式会社 1 1,000円 注1 0085 0281 0085 0616 000015
D ●内臓脂肪を低減するガセリ菌SP株 ~機能性表示食品としての事例~ 冠木 敏秀 雪印メグミルク株式会社 1 1,000円 注1 0088 0286 0088 0621 000016
D ●アミノ酸の機能性について ~睡眠の質を改善するサプリメントを中心に~ 佐藤 斉 味の素株式会社 1 1,000円 注1 0091 0291 0091 0626 000017
D ●特定保健用食品『黒烏龍茶』の開発 寺本 貴則 サントリー食品インターナショナル株式会社 1 1,000円 注1 0094 0296 0094 0631 000018
D ●水溶性食物繊維の機能性と医療分野での実施例 安川 然太 太陽化学株式会社 1 1,000円 注1 0097 0301 0097 0636 000019
D ●アミノ酸の機能性 ~ロイシン高配合必須アミノ酸と機能性表示食品~ 梶原 賢太 味の素株式会社 1 1,000円 注1 0100 0306 0100 0641 000020
D ●緑茶成分と機能性 ~テアニンと茶カテキンを中心として ~ 小関 誠 太陽化学株式会社 1 1,000円 注1 0103 0311 0103 0646 000021
D ●骨密度を高める働きのあるMBP® ~特定保健用食品としての事例~  瀬戸 泰幸 雪印メグミルク株式会社 1 1,000円 注1 0106 0316 0106 0651 000022
D ●大豆タンパク質のさらなる可能性 河野 光登 不二製油株式会社  1 1,000円 注1 0109 0321 0109 0656 000023
D ●EPAの機能性 ~知っておきたい「抗炎症機能」も含めて~ 中島 秀司 日本水産株式会社 1 1,000円 注1 0112 0326 0112 0661 000024
D ●希少糖の特性と機能 山田 貴子 松谷化学工業株式会社 1 1,000円 注1 0115 0331 0115 0666 000025
D ●水溶性食物繊維グアーガム酵素分解物の機能性 安部 綾 太陽化学株式会社 1 1,000円 注1 0118 0336 0118 0671 000026
D ●疲労感軽減アミノ酸を利用した機能性表示食品について 梶原 賢太 味の素株式会社 1 1,000円 注1 0121 0341 0121 0676 000027
D ●ヒトにすんでいるビフィズス菌種の可能性 小田巻 俊孝 森永乳業株式会社 1 1,000円 注1 0124 0346 0124 0681 000028
D ●食品の機能性 いわゆる健康食品の機能性研究 ~たんぱく質の重要性と、スケソウダラの速筋タンパク質の筋肉増強効果~ 内田 健志 日本水産株式会社 1 1,000円 注1 0127 0351 0127 0686 000029
D ●還元型コエンザイムQ10の生理作用 藤井 健志 株式会社 カネカ 1 1,000円 2022年 3月末まで 0130 0356      
D ●機能性食品の開発と製品化 ~コーヒー由来マンノオリゴ糖~ 熊王 俊男 味の素AGF株式会社 1 1,000円 注1 0133 0361 0133 0691 000030
F メタボリックシンドロームの治療戦略 ●内臓脂肪蓄積の病態と予防 ●高尿酸血症・脂質異常症・2型糖尿病治療薬の使い方 西澤 均 大阪大学大学院医学系研究科 2 2,000円   0136 0365 0136 0695 000031
F ●生活習慣病に伴う慢性腎臓病  ~その薬物療法のすべて~ 脇野 修 徳島大学大学院医歯薬学研究部 2 2,000円   0139 0369 0139 0699 000032
F ●睡眠時無呼吸症候群と肥満 日野 光紀 日本医科大学呼吸ケアクリニック 1 1,000円   0142 0373 0142 0703 000033
G ●漢方治療総論 渡辺 賢治 慶応義塾大学医学部 漢方医学センター/修琴堂大塚医院 1 1,000円   0145 0377 0145 0707 000034
G 漢方服薬指導1
●医師の処方意図を探る
1 1,000円   0147 0381 0147 0711 000035
G 漢方服薬指導2
●服用法と副作用
1 1,000円   0149 0385 0149 0715 000036
G ●加齢に対する漢方治療 1 1,000円   0151 0389 0151 0719 000037
G ●未病の漢方治療 1 1,000円   0153 0393 0153 0723 000038
G ●プレコンセプショナルケアから子育て支援の漢方 1 1,000円   0155 0397 0155 0727 000039
H ●高齢者生活習慣病の包括的管理と薬物療法のポイント 〜ガイドラインと最新の研究を踏まえて〜 荒井 秀典 国立長寿医療研究センター 2 2,000円 注1 0157 0401 0157 0731 000040
H ●慢性肝炎の診断と治療 ●C型肝炎の治療薬と薬剤師の役割  泉 並木 武蔵野赤十字病院 2 2,000円   0159 0405 0159 0735 000041
H ●国際化と感染症 大曲 貴夫 国立国際医療研究センター 国際感染症センター 1 1,000円   0161 0409 0161 0739 000042
認定共催 ●コロナ禍における薬剤師の役割 ●新型コロナウイルス感染症の現状と対策 狭間 研至 松本 哲哉 CAPEP代表 国際医療福祉大学 1 無料 2021年 10月末まで 0167 0413      
D ●大豆食品の健康機能とPBF市場での新たな可能性について 米元 博子 不二製油株式会社 1 1,000円   0162 0418 0162 0744 000043
D ●大人のための粉ミルク 瀬戸 菜実子 森永乳業株式会社 1 1,000円   0165 0423 0165 0749 000044
D ●からだを中から強くするラクトフェリンの機能性 宮川 桃子 森永乳業株式会社 1 1,000円   0429 0439 0429 0754 000045
D ●乳たんぱく質の高齢者向け食品における有用性 守田 俊介 森永乳業株式会社 1 1,000円   0434 0444 0434 0759 000046
C ●薬剤師に知ってもらいたい甲状腺疾患の知識 伊藤 公一 伊藤病院 1 1,000円       0448 0763 000047
C ●アルツハイマー型認知症の診断と治療 小野 賢二郎 金沢大学大学院医薬保健学総合研究科 1 1,000円       0452 0767 000048
C ●認知症の予防とケア -薬剤師に必要な知識ー 櫻井 孝 国立長寿医療研究センター  1 1,000円       0456 0771 000049
C ●よくある膝・足の障害とその治療 -薬剤師とのつながり- 宗田 大 八王子ひがし整形外科 1 1,000円       0460 0775 000050
C ●緑内障-薬剤師として理解しておいて欲しい事- 新家 眞 東京大学/ 公立学校共済組合関東中央病院 1 1,000円       0510 0779 000051
C ●抗ウイルス薬の現状 -新型コロナを中心に- 森島 恒雄 愛知医科大学 1 1,000円       0514 0783 000052
C ●パーキンソン病の病態と治療 波田野 琢 順天堂大学 脳神経内科 1 1,000円       0518 0787 000053
C ●脊椎疾患とロコモティブシンドローム 伊藤 達雄 東京女子医科大学 1 1,000円       0522 0791 000054
G ●漢方で感染症からカラダを守る 渡辺 賢治 慶応義塾大学医学部 漢方医学センター/修琴堂大塚医院 1 1,000円       0526 0795 000055
G ●消化器疾患に対する漢方治療 1 1,000円       0530 0799 000056
H ●がん免疫療法の今後の展開- 腫瘍微小環境の免疫抑制機構に着目した免疫ゲノム医療- 西川 博嘉 国立がん研究センター 研究所  1 1,000円       0534 0803 000057
J ●バイオ医薬品:核酸医薬品 服部 喜之 星薬科大学 1 1,000円       0538 0807 000058
J ●基礎から学ぶPCR検査の原理 里 史明 星薬科大学 2 2,000円       0542 0811 000059
J ●画像診断の基礎から臨床 福田 健志 東京慈恵会医科大学 1 1,000円       0546 0815 000060
J ●組織学的パラメーター 光永 修一 国立がん研究センター東病院 1 1,000円       0550 0819 000061
C ●産科における基礎知識 〜妊娠から産褥まで〜2022アップデート版 鈴木 朋 国立成育医療研究センター 1 1,000円 アップデート版として新たに単位取得可能です。     0554 0823 000062
C ●痛風 谷口 敦夫 結核予防会複十字病院 1 1,000円       0827 0835 000063
C ●不眠症の薬物療法と服薬/睡眠指導 三島 和夫 秋田大学大学院医学系研究科 1 1,000円       0831 0839 000064
A ●患者試料の遺伝子解析:がんの治療標的の発見からゲノム医療への実装 河野 隆志 国立がん研究センター研究所 1 1,000円       0843 0847 000065
C ●関節リウマチの治療 谷口 敦夫 結核予防会複十字病院 1 1,000円       0851 0855 000066
D ●高齢者のウェルビーイング向上に貢献する“DHA” 市瀬 嵩志 不二製油グループ本社株式会社 1 1,000円       0860 0870 000067
D ●保健機能食品(トクホ・機能性表示食品)の開発 進化し続ける「特茶:ケルセチンゴールド配合」他のご紹介 南 尚子 サントリー食品インターナショナル株式会社 1 1,000円       0865 0875 000068
認定共催 ●医薬品副作用被害救済制度等について 岸 達生 医薬品医療機器総合機構(PMDA) 1 無料 2023年 7月末まで     0879 0883 000069

※注1 過去に集合研修会、あるいはDVD研修として開講された講座となります。同じ内容の講座で重複して単位を取得することはできないため、E-learning講座の選択時にはご注意ください。

【コース】
A : がん治療・緩和医療専門薬剤師養成コース
  大学院抗議連携講座(がん治療・緩和医療特別講義Ⅰ)
B : がん治療・緩和医療専門薬剤師養成コース
  大学院抗議連携セミナー(がん治療・緩和医療特別講義Ⅱ)
C : 薬剤師生涯学習 講演会シリーズ
D : セルフメディケーションコース 日本くすりと食品機能フォーラム
E : セルフメディケーションコース 健康食品・サプリメント安全管理講座
F : セルフメディケーションコース 肥満学会連携講座
G : セルフメディケーションコース 臨床栄養・漢方講座
H : 生涯教育講座(同窓会研修会シリーズ)
I : その他
J : 実臨床のためのやさしい基礎薬学講座
認定共催


履歴
年度 土・日・祝日の講座 平日(夜間)の講座
 ■ 令和2年度 中止
 ■ 令和元年度 前期 後期 前期・後期
 ■ 平成30年度 前期 後期 前期・後期
 ■ 平成29年度 前期 後期 前期・後期
 ■ 平成28年度 前期 後期 前期・後期
 ■ 平成27年度 前期 後期 前期・後期
 ■ 平成26年度 前期 後期 前期・後期
 ■ 平成25年度 前期 後期 前期・後期
 ■ 平成24年度 前期 後期 前期・後期
 ■ 平成23年度 前期 後期 前期・後期
 ■ 平成22年度 前期 後期 前期・後期





〒142-8501 東京都品川区荏原2-4-41
星薬科大学薬剤師生涯学習支援室
TEL : 03-5498-5863
FAX : 03-5498-5863
Copyrightc Hoshi University. All Rights Reserved.