星薬科大学トップページ  >  受験生向け情報サイト「HOSHI NAVI」  >  星薬の学び

星薬の学び

星薬は、研究で未来を描く。


点線

「研究」の星薬が育む、大切な2つの未来

薬学部 薬学科・創薬科学科
薬学科卒業生の詳しい就職先は、こちら。
創薬科学科卒業生の詳しい就職先は、こちら。
点線

星薬科大学の教育の中心は、「研究」。

星薬科大学の教育の中心は、「研究」。
星薬科大学の教育の中心は、「研究」。
1年次から開始。「座学」と「実習」の2軸の学習により、深い理解に繋げる。
3年次から研究室に配属。研究に取り組む多くの時間を確保。
少人数制での実習。フェイス・トゥ・フェイスの教育により、着実にステップアップ。
私立薬科大学として国内有数の研究環境の中で、生命科学の最先端を体験。
「教わる」だけでなく「自分から学ぶ」実習で思考的問題解決能力を育成。
 
「研究」が育む未来のチカラ
薬学科
創薬科学科
研究実績
その他の研究実績は、こちら。
点線

薬学科 薬剤師としての輝く未来につながる、6年間

国試ストレート合格をめざすカリキュラム

「薬剤師国家試験」の新卒合格率
ストレート卒業率アップへの施策例

ストレート授業の理解度とウィークポイントを確認「基礎演習」

習得度のチェック
その他にも、ストレート合格率の高さの理由は、パンフレットで。

卒業後を見据えた、実践的プログラム

臨床の現場で専門性を高める

薬学教養ゼミコース

研究を通して専門性を高める

総合薬学コース
海外アドバンスト実務実習
「海外薬局での実務実習の「体験記」を、公開中! 「薬学科の学び」について、詳しくはパンフレットで。
点線

創薬科学科 生命科学にじっくり向き合う、4年間

実践力を磨く、少数精鋭教育
総合薬学コース
「研究室」にて行う「実習」
実体験をもとに、理想の研究室が選べる
現場を知り、未来につながる実践力を磨く「キャリアプランゼミ」&「学外体験学習」
「少人数教育」&「専任教員制」による充実のサポート

創薬科学科では、3名の学年担任を含む専任教員を配置。少人数の特性を最大限に活かし、入学から卒業までの4年間、一貫したフェイス・トゥ・フェイスの指導を行います。また、指導の際の基本は、「問いかけ」です。安易に道を指し示すのではなく、学生の考えの軌跡を記録したポートフォリオを基にした問いかけによってヒントを与え、学生それぞれが自分で答えを導き出すサポートをします。そうすることで、研究テーマ選び、さらには、新カリキュラムによって広がった卒業後の選択肢の中から、自分だけの専門性を活かした理想の進路実現に導きます。

フェイス・トゥ・フェイスの個性を伸ばす教育!
薬学領域、教養領域それぞれの教員が学年担任となり、学生をサポート。

薬学領域、教養領域それぞれの教員が学年担任となり、学生をサポート。

研究の基礎を学ぶ「実習」では、約20名の学生に対して複数の教員がつき、学生が確実に実験の手技や知識を身につけられるように手厚くサポート。

研究の基礎を学ぶ「実習」では、約20名の学生に対して複数の教員がつき、学生が確実に実験の手技や知識を身につけられるように手厚くサポート。

少人数だからこそ、座学の講義も対話ベース。質問や疑問をその場で教員に投げかけられる。

「実践的教養科目」で「薬学」を応用する力を養う

進化が著しい生命科学分野で活躍するためには、物事を多角的に捉える力が必要不可欠です。創薬科学科のカリキュラムでは、「実践的教養科目」に厚みをもたせ、多角的な視点を養い、「薬学」を応用できる人材、イノベーションを起こすことのできる人材を育成します。

英語力向上のためのサポートの充実
社会を読み解くための学び
「創薬科学科の学び」について、詳しくはパンフレットで。
星薬科大学イノベーションセンター薬剤師生涯学習支援室
国際交流・産学官連携国際交流・産学官連携
デジタルパンフレット 星薬ガイド
デジタルパンフレット 薬学科
デジタルパンフレット 創薬化学科
デジタルパンフレット 創薬化学科
公開講座
学会情報
情報開示
大学ポートレート
星薬科大学ビジョン2025-2035
データで見る星薬科大学
私立大学戦略的研究基盤形成支援事業
私立大学戦略的研究基盤形成支援事業
大学における医療人養成の在り方に関する調査研究委託事業
学術情報リポジトリ 「Stella」