星薬科大学トップページ  >  教育と研究  >  FD活動について
星薬科大学イノベーションセンター薬剤師生涯学習支援室
国際交流・産学官連携国際交流・産学官連携
大学案内
デジタルパンフレット 星薬ガイド
デジタルパンフレット 薬学科
デジタルパンフレット 創薬化学科
公開講座
学会情報
情報開示
大学ポートレート
星薬科大学ビジョン2025-2035
データで見る星薬科大学
私立大学戦略的研究基盤形成支援事業
大学における医療人養成の在り方に関する調査研究委託事業
学術情報リポジトリ 「Stella」

FD活動について

FDとは・・・

FD(ファカルティ・ディベロップメント)とは、個々の教員の教育内容や方法の改善及び向上のために行われる大学等の理念・目標や教育内容・方法についての組織的な研究・研修の取組を総称しています。
 その意味するところは極めて広範囲にわたりますが、具体例としては、学生による授業評価アンケートの実施、教員相互の授業参観の実施、授業方法についての研究会の開催、新任教員のための研修会の開催などを挙げることができます。


星薬科大学FDの推進について

1.本学の教育環境の充実に向けて
 星薬科大学では、ファカルティ・ディベロップメント(FD)の義務化に伴い、平成20年4月1日に学則改正とともに星薬科大学FD推進委員会を設置した。
 本学では、従前より授業評価アンケートを行い、授業の充実・改善を図るとともに、新しい教育制度(6年制と4年制学科の設置)がスタートしたこともあり、常に薬学教育の在り方等についても委員会組織或いはワーキンググループ等で検討を重ね、教育方法の改善・充実を図ってきたところである。
 これらは、広義のFDの一環とも考えられ、教育・研究環境の改善に一助となったことは言うまでもない。
 特に、平成18年の新しい薬学教育のスタート後に、円滑な学生教育を進めるうえで問題点として発出した、4年制学科(創薬科学科)における「スーパーローティションの導入」や、6年制学科(薬学科)における「病院・薬局実務実習の実習施設との連携体制強化」等については一例である。
 これらのように、本学においては、ここ数年、新しい薬学教育制度を踏まえつつ、学生教育の改善・充実を図ってきたところであるが、今後も継続して将来の大学像を踏まえつつ、FD推進に努めていく考えである。             
2.本学のFD推進計画について
本学のFD推進については、平成22 年10月13日開催の教授会において、FDの推進が確認され、具体的方策については、FD実施検討委員会を立ち上げ実行に移していくこととした。
 その後、FD実施検討委員会が発足し、実施検討事項を整理し委員会での検討を重ねつつ、順次実行することとした。
(FD推進計画)
(1) 実施体制
委員会の設置
FD推進委員会(学長を委員長として各学科長等で構成)
FD実施検討委員会(各学科長、教養科長、若手の教員及び事務職員他で構成)
(2) 実施検討事項
 授業評価アンケートの改善
 講演会の開催
 研究会・研修会の開催
 公開授業・研究授業の設定
 CT(クリティカル・シンキング)研究会の設置
 FD評価委員会の設置
(3) 実施内容と方法
授業評価アンケートの改善・・・従来より実施されていた授業評価アン
               ケートの評価項目の改善と、得られた
               アンケート結果の活用方法の検討
講演会・・・教授会開催日に教授会構成メンバー(講師以上)を中心に
      実施
研究会・研修の開催・・・教授会開催日に教授会構成メンバー(講師
            以上)を中心に実施


FD講演会・研究会等の開催状況


   →第一回FD学内シンポジウム
   →第二回FD学内シンポジウム
   →第三回FD学内シンポジウム
   →第四回FD学内シンポジウム
   →第五回FD学内シンポジウム
   →FD教育改革ワークショップ

〔星薬科大学FD 教育改革ワークショップ〕
 実 施 日 平成28年10 月1 日(土) 9:00~20:30
 対   象 本学教員
 テ ー マ 「本学の臨床薬剤師養成について考える」
     
【プログラム】

[ラーニングコモンズ] 司会:坂田健准教授

9:00-9:05 開会挨拶(田中学長)
9:05-9:20 FD 委員長挨拶(杉山副学長)
9:20-10:05 本学が輩出すべき臨床薬剤師とは(星薬学)~思考的問題解決能力と協関力~」(湯本哲郎准教授:薬剤師職能開発研究部門長)
10:05-11:05 フリーディスカッション 座長:亀井教務部長
11:05-11:30 WS の作業説明(石塚和美講師)

[第2 新館7、8 階]

11:30-14:30 本学が輩出すべき臨床薬剤師像とは? *ランチミーティング
14:30-15:00 休憩/移動/発表準備(各グループのプロダクト印刷:配布資料作成)

[ラーニングコモンズ] 司会:落合和准教授

15:00-17:30 発表/ディスカッション
発表・質疑応答15min/グループ(=150min/10 グループ)
17:30-19:00 総合討論・総括 座長:亀井教務部長/渡邉実務教育研究部門長

[ステラ]

19:00-20:30 情報交換会 司会:田口久美子助教

〔「FD 教育改革ワークショップ」のスナップ〕



〔第五回FD学内シンポジウム〕
 日   時 平成27年9月16日(水)14:00 - 15:30
 場   所 新星館202・203講義室
 講       師 国立大学法人東京医科歯科大学
産学連携研究センター長 飯田 香緒里 先生
 テ ー マ 「利益相反マネジメントの目的とその必要性」
 プログラム 1) 利益相反とは
2) なぜ利益相反マネジメントが必要なのか
産学連携と利益相反の関係
3) 利益相反に関係する行政・産業界のスタンス 等
    (総合討論)
 対   象 全教職員

第五回FD学内シンポジウム



〔第四回FD学内シンポジウム〕
 日   時 平成25年9月25日(水)15:30 - 17:00
 場   所 新星館202・203講義室
 テ ー マ 「平成27年度 新薬学教育モデル・コアカリキュラム 実施に向けて」
プログラム 15:30~15:50 コアカリ改訂の趣旨 築地 信(微生物学教室 准教授)
15:50~16:05 重要なキーワード 高橋万紀(薬品製造化学教室 講師)
16:05~16:20 薬学教育指導者WSの概要 髙山幸三(薬剤学教室 教授)
16:20~16:50 質疑応答 杉山 清(薬動学教室 教授)
16:50~17:00 講評 田中隆治(星薬科大学 学長)
 対   象 全教員

〔「第四回FD学内シンポジウム」のスナップ〕

〔第三回FD学内シンポジウム〕
 日   時 平成24年11月14日(水)16:00 - 17:30
 場   所 新星館201講義室
 テ ー マ 「薬学出身者としての大学改革への取り組み」
プログラム 1. 東京医科歯科大学副学長 森田育男先生
  (総合討論)
 対   象 全教員

〔「第三回FD学内シンポジウム」のスナップ〕

〔第二回FD学内シンポジウム〕
 日   時 平成24年3月7日(水)14:00 - 15:30
 場   所 新星館201講義室
 テ ー マ 「本学におけるFDについて」
 話題提供者 1. 髙山教授
(FDとは・・・)
2. 川崎准教授
(クリティカル・シンキング(CT)力育成をテーマとするFD)
  (総合討論)
 対   象 全教員

〔「第二回FD学内シンポジウム」のスナップ〕

〔第一回FD学内シンポジウム〕
 日   時 平成23年7月13日(水)15:00 - 16:30
 場   所 新星館201講義室
 テ ー マ 「実習の現状と問題点」
 話題提供者 1. 輪千准教授
(生物系実習4について)
2. 細江准教授
(化学系実習1について)
  (総合討論)
 対   象 全教員

〔活発な討論が行われた「第一回FD学内シンポジウム」のスナップ〕

〔第一回FD講演会〕
 日 時 平成23年3月9日(水) 15:30 - 17:00
 場 所 新星館208講義室
 講 師 川島 啓二先生(国立教育政策研究所)
 講 題 「危機に立つ大学教育とFDの役割」
 対 象 全教員


ハラスメント防止のための講演会

〔平成27年度ハラスメント講演会〕
 日 時 平成28年3月16日(水) 14:00-15:30
 場 所 新星館2階 202・203講義室
 講 題 「大学におけるハラスメントトラブルの最近の傾向とその対策」
 講 師 弁護士 菅谷 貴子 先生



ベストレクチャー賞について

星薬科大学では、学生による授業アンケートの結果をもとに、各学期ごとに最も評価の高かった講義をベストレクチャー賞として選定しています。ベストレクチャー賞に選定された講義を聴講可能にするとともに、教員には講義方法等のノウハウをレクチャーしてもらいます。
また、ベストレクチャー賞を受賞した教員には教授会の中で賞状と副賞を授与し、その受賞を賞しています。

〔2016年度後期講義におけるベストレクチャー賞〕
1)東 伸昭、高橋 勝彦、芝﨑 真裕
1年生「生化学Ⅱ」
2)辻 勉
2年生「免疫学」
3)髙山 幸三
3年生「剤形を作る」
4)森 友久
4年生「医薬品毒性学Ⅱ」
5)山本 弘

語学・演習・ゼミナール「法学ゼミナール」

2016年度後期講義におけるベストレクチャー賞


〔2016年度前期講義におけるベストレクチャー賞〕
1)高橋 万紀
1年生「有機化学Ⅰ」
2)里 史明
2年生「細胞生物学」
3)高橋 典子
3年生「化学物質の生体への影響」
4)湯本 哲郎、鳥越 一宏
4年生「患者情報」
5)山内 理恵
6年生「創薬を支える物理化学」
6)川﨑 勝義
語学・演習・ゼミナール「心理学ゼミナール」




〔2015年度後期講義におけるベストレクチャー賞〕
1)松本 貴之
1年生「機能形態学Ⅱ」
2)成田 年
2年生「薬の効き方ⅡB」
3)杉山 清
3年生「薬物の臓器への到達と消失」
4)森 友久
4年生「医薬品毒性学Ⅱ」
5)金澤 洋子
語学・演習「薬学英語ⅠB」

〔2015年度前期講義におけるベストレクチャー賞〕
1)高橋 万紀
1年生「有機化学Ⅰ」
2)成田 年
2年生「薬の効き方ⅠA」
3)小幡 誉子
3年生「製剤材料の性質」
4)湯本 哲郎、鳥越一宏
4年生「患者情報」
5)山内 理恵
6年生「薬学特別演習Ⅱ・Ⅲ」
6)葛巻 直子
語学・演習「薬学英語ⅡA」

〔2014年度後期講義におけるベストレクチャー賞〕
1)山本 弘
1年生「法学ゼミナール」
2)成田 年
2年生「薬の効き方 IIB」
3)杉山 清
3年生「薬物の臓器への到達と消失」
4)石塚 和美
4年生「薬学英語 IIB」

〔2014年度前期講義におけるベストレクチャー賞〕
1)重野 豊隆
1年生「哲学ゼミナール」
2)成田 年
2年生「薬の効き方 IA」
3)斉藤 貢一
3年生「分析技術の臨床応用」
4)坂田 健
4年生「薬学英語 IIA」
5)山内 理恵
6年生「薬学特別演習 II」

〔2013年度後期講義におけるベストレクチャー賞〕
1)重野 豊隆
1年生「医療の歴史」
2)成田 年
2年生「薬の効き方IIB」
3)杉山 清
3年生「薬物の臓器への到達と消失」
4)東山 公男
4年生「リード化合物の創製と最適化」

〔2013年度前期講義におけるベストレクチャー賞〕
1)香川 博隆 講師
1年生「高校との接続教育(数学)」
2)成田 年 教授
2年生「薬の効き方 IA」
3)高橋 典子 教授
3年生「化学物質の生体への影響」
4)山本 弘 講師
4年生「薬事関連法・制度II」